みたことリスト

本や映画ゲームなどの好きをまとめたもの

はじめに

こちらはにわ酉(@niwatoriusIII)が読んだものややったゲームの感想など好きな事を好きなように書き殴る所です

ほぼ自分用メモですがネタバレは「続きを読む」等に振り分けます。

「あーこいつはこんなのが好きなのかー」って程度に見てください。「ワイも好きやで!」って同志がいましたらぜひ語り合いましょう。

※基本的に資料集やメディアの製作者インタビュー等は考慮しません 手に入れば、目の届く範囲でコメントするかもしれません。

 

9時間9人9の扉

 

極限脱出 9時間9人9の扉

極限脱出 9時間9人9の扉

 

 

一年も放置してるんじゃねぇよって話ですが。

 

9時間9人9の扉」の備忘録です。

 

ダンガンロンパと同じスパイク・チュンソフト制作の脱出系ノベルゲーム。DS版ですが、vita版、PS4版もあります。
(詳細は伏せますが、本来のハードであるDSでプレイした方が面白さが失われないかと)

 

きっかけ:スパチュンの謎解きなら面白くない訳がなかろう、として購入。

そのまま積んでいました。

わりとどんな作品でもそうなんですが、やり始めるまでが腰が重いんです…

 

結論:なんでもっと早くせんかったんや(面白い)

 

以下ざっくりとした紹介です。

 

主人公(淳平)はいつも通り、住んでいるアパートに帰宅する。
「あれ?窓なんて開けてたっけ」→振り返るとガスマスクの謎の人物が!→催眠スプレーでお持ち帰り
→目覚めた時は見知らぬ船室に閉じ込められていた→窓が割られて大量の水が→脱出できなければ死

 

とまぁ、いわゆるデスゲームっぽい導入です。

 

最初の部屋はいわゆるチュートリアルの部屋で、脱出したその先で、淳平は自分以外の人物たちに出会うわけですね。謎の首謀者ゼロの主催する「ノナリーゲーム」が始まります。

 

ちなみにノナリーゲームは「数字根」がキーとなります。
ある数字を一桁になるまで足していった結果の数、ですね。
(ex.987の場合、9+8+7=24   24は二ケタなので2と4に分け、
   2+4=6
つまり、987の数字根は「6」となる みたいな感じです)

淳平自身を含む9人の人物には、「1」から「9」の各番号のバングル(腕時計みたいなもの)が割り振られています。
同じく、これから脱出に向けて入る扉にも「1」から「9」までの数字が当てはめられており、
扉の番号に合致する数字根の人物(3人以上5人以下)しか入る事が出来ない、というルールです。
最終的には「9」の扉を脱出すればクリア、ルールと破ると即デスです。クローズドゲームあるあるですね。
ちなみにバングルは死ぬか脱出すると外れるそうです。殺伐な香りがしてきたぞ

ついでに9時間のタイムリミットを迎えると沈没という設定。

 

このゲームはマルチエンディングです。
ストーリーを進めていくと、いくつかの選択肢によって謎を解く部屋およびその後のエンディングが分岐します。エンドは6種類(トゥルーエンドはあるエンディングを迎えないとフラグが立たないため、初回のエンド分岐は実質5種類)
私個人として分かれるならばバッドエンド・なんだかもやもやするエンド・トゥルーエンドですね。
迎えたエンディングはセーブデータに記録され、それを引き継いで初めからプレイすることが出来ます。

 

私は3周目でトゥルーに到達しましたが、他のバッドエンドやもやもやエンドまでのストーリーで判明した事実だったり、何気ない小話なんかが、ここで一気に繋がっていくのか…!という衝撃が強かったです。
どこまで伏線を張ったら気が済むんだスパチュンゲームは。問題作しか出さねぇなお前は。(褒めてる)

最短(2週)でトゥルーを目指すよりも、いくつかの他エンドを回収してからの方が、分かる事が多いので圧倒的に面白いかと思います。

 

総合的にはかなり面白かったのですが、唯一不満な点をあげるとすれば
周回プレイが前提なのに、謎解きをスキップできない事でしょうか。
ゲームの仕様として事前に立てたフラグによって、同じ部屋でするキャラクターの会話が新しくなっていたりという展開があるので、ここが謎解きを飛ばせない一因かなぁ、と。
ただし、謎解きの難易度が低めであることと(タイムアタック要素もないです)、答えを知っていたら他のヒントアイテムを取らずとも進めるため、謎解きの周回も慣れれば苦痛は無かったです。

セーブデータを引き継いでいれば、一度選んだ選択肢の色も変わるので、前回何を選んだか分かるのでこれも良いなぁと。

 

 

続きは、プレイした一人として、トゥルーエンドにたどり着くまでの思考プロセスとネタバレ100パーセントの感想です。未プレイは絶対見ちゃ駄目よ。

(▼以下ネタバレゾーン)

 

続きを読む

逆転裁判

 

 


という訳でまず大好きなゲーム「逆転裁判」の備忘録。

おい発売17年前だぞ!?何を今更!って感じですが、私はつい去年出会いました。


まぁぶっちゃけ逆裁のCMやってた当時ポケモンとFFに勤しんでた私(小学生)はニュースで時々見てるような粛々と裁判するっぽいゲームなんて興味なかったんですよ(そもそもこいつら粛々と裁判なんぞしてねぇって事が去年分かったんですが)

 

私は元々ダンガンロンパシリーズが大好きで(きっと後々こちらについての記事を熱烈に書くと思いますが)「推理系のゲームが好きなら逆裁シリーズをぜひ」とフォロワーに勧められ、とりあえず「逆転裁判 甦る逆転」を中古500円で買ってきた事が始まりで、結果まんまとハマり倒したわけでした。
どのくらいハマったかというと

逆転裁判プレイ

3DS逆転裁判123成歩堂セレクションをプレイ(なお2度目の逆裁1と甦るは折角なので英語版をプレイ)

ios逆転裁判123も出ていたので全話購入

 

という有様です(公式へのお布施ってことで)
そして自分の「好き」をしっかりと記しておくべくここを立ち上げるきっかけにもなりました。

 

ちなみに今シリーズ全体では5と検事1までプレイ済ですが
中でも1は続編が想定されていなかったからなのか、それ自体でもしっかりと完結した、一話一話が丁寧に作り込まれたシナリオなので最後までプレイする価値はあると思います。

 


▼ネタバレゾーン(逆転裁判1プレイ済推奨。甦る、2、3は除外しています。)

 

続きを読む